家庭の協力が不可欠

昔も今も自分の子供の学力は親として気になるところです。
最近では受験のための校外学習だけではなく、基礎学力のアップや学校での遅れを補うための校外学習も気になる親が増えています。


一昔前は近所の同じ年代の子供達が、家の近所の塾に通うのが一般的でしたが、最近では親も簡単に口コミやインターネットで校外学習の情報を得ることができるため、学力を伸ばしたい子供はより伸びるような校外学習を、学校の授業についていけない子供には補習的役割ができる校外学習を選択肢できるようになっています。


また集団で行う学習塾よりも、個人ひとりひとりをみてもらえる家庭教師にも注目が集まっています。
何故なら、集団塾では集団で学習が進められていくため、わからない箇所や疑問に思えたところを質問しづらい雰囲気があり、そのまま学習は進められていってしまいます。
しかし家庭教師であれば、疑問のある箇所や理解できない問題をその場で質問して納得のいく回答を得ることができます。
また自分のレベルに合った学習からスタートできるため、学習のコツが掴めるようになり、子供の自信につながっていき学力アップが期待できます。


ただし家庭教師をつけて学習したからといって、必ずしも学力がアップするとは限りません。
何故なら約束を守れない、やる気のない子供にはどんなに誠意をもって家庭教師が指導にあたっても学力は向上しません。


また、子供だけではなく家庭の学習への姿勢も大切で、学力アップには家庭の協力も不可欠です。
そこで家庭がどのような校外学習を望んでいるのか、しっかりと考えるといいでしょう。